スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき、の・ようなもの

20150919115952958.jpeg

写真はバンコクからの帰りの機内から見た沖縄本島です。この美しい島を見て、日本に帰ってきたことを実感しました。

バンコクで性別適合手術を受けてそろそろ3か月になろうとしています。
新しく手に入れた身体にも随分と慣れてきました。痛みもほぼなくなりました。

8月31日、東京家庭裁判所に性別の変更の審判を申し立てました。雨が降る蒸し暑い日でした。
1週間くらいで面接なしで判決が出ると思っていましたが、以外と時間がかかり、9月17日に出廷するようにという電話がありました。

当日は、こんな場面を想像していました。裁判官が出てきて開口一番「認めます。今まで辛かったですね」。そして私が泣き崩れるという場面を。多くの人の体験談を読むと、そんな感じだったので。
しかし、通された部屋には書記官がいるだけで、ダラダラと書類について確認をしました。そして別室で待つようにと言われ、離席しました。長い間待ちました。それでも、再び部屋の呼ばれて性別が変更できればそれも我慢できます。
40分くらい待たされ、再び書記官が現れます。今日は結果が出ないので、裁判所からの通知を待ってください、とのこと。それから今日まで不安の中で待ちました。

そして9月19日、書留で通知が来ました。恐る恐る開封しました。

20150919121938cb3.jpeg

身体から力が抜けました。
おかげさまで、性別を男から女に変更することができました。

長い戦いが終わりました。
これからは、より幸せになれるように生きていこうと思います。

多くの人のお世話になりました。みなさん、ありがとうございました。
そして、いつも励ましてくれたAにゃん、心からありがとう。

このブログは、これで本当に終わります。
これからは、以下のブログで気持ちを綴っていきます。

最後になりますが、私はネコさんの「てん」さんと「ちゃい」さんが大好きです。





スポンサーサイト
プロフィール

ナポリタン

Author:ナポリタン
江戸在住です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト
アフィリエイト
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。